/

【簡単】WordPressテーマ・プラグインの翻訳方法

【簡単】WordPressテーマ・プラグインの翻訳方法

WordPressのテーマやプラグインの翻訳に便利なツールの紹介と簡単な使い方を説明します。

便利なプラグインなど顧客のサイトに導入したい場合翻訳が必要な際に使用してみてください。

翻訳のための準備

まず、翻訳のためにはテキストドメインを使用して文字列を表示する箇所に正しく記載されている必要があります。

プラグインの翻訳の場合は不要です。

自作テーマ、プラグインを多国語に対応させたい場合は参考にしてください。

function load_language() {
	load_plugin_textdomain( 'language-sample', false, dirname( plugin_basename( __FILE__ ) ) . '/language/' );
}
add_action( 'plugins_loaded', 'load_language');

プラグイン読みこみ時になどに「load_pluguin_textdomain」でテキストドメイン名と言語ファイルの場所を指定しておきます。

esc_html_e( 'Review', 'language-sample');

上記のような書き方で対応の言語ファイルがある場合にはその言語ファイルに基づいた内容で表示されます。

ない場合は「Review」が表示されます。

翻訳する

翻訳には「Poedit」というのを使用します。

基本は無料で使用できますので上記からインストールしてください。

開いた最初のメニューでWordPressの翻訳というメニューがありますが、こちらは有料の機能となっています。

なので「既存のPOから新しい翻訳プロジェクトを作成する」から作成していきます。

ファイル名は日本語のファイルを作成する場合には「language-sample-ja」というようにします。

テキストドメイン名 + ハイフン + 言語名(日本語はja)

という構成です。

異なるとうまく読み込めないので注意しましょう。

基本的な翻訳が終了したらテキストエディタかメモ帳で作成したファイルを開きます。

「Language」の部分が当初選択した言語のままになっていますので、「ja_JP」に変更します。

これで言語ファイルの設定は完了です。

言語ファイルのフォルダで指定してある部分に移動させてWordPressで翻訳されているか確認しましょう。