WordPress学習のための1冊

WordPress学習のための1冊

WordPressを深く勉強したいと思っている方向けの本を紹介します。

知識がまっさらな状態で読むとしんどいと思いますので、WordPressがなんとなくわかってきた方向けの本です。

ご紹介するのは「エンジニアのためのWordPress開発入門」です。

「WordPressの仕組み」

「活用すべきプラグイン」

「プラグインの作成」

「テーマの作成」

「投稿データに関する操作」

「管理画面のカスタマイズ」

これらの部分が具体的に書かれており、WordPressへの理解が深められると思います。

また、コードでの解説部分も多いので文章だけつらつらと書いてあるよりはるかにわかりやすいと思います。

WordPressの本は初学者に向けた本が多く、あまり深く掘り下げた本がありません。

そのような面でも貴重な本ではないかと思います。

その他に深く書かれた本では「サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル」があります。

ただこちらは現在出版はされていない様子です。電子書籍版があるのでそちらを購入するか中古のものを購入するかになると思います。

題名の通りプラグイン開発に関する内容をメインとして扱っています。

そのため、開発環境の作成方法や自動化テストの行い方などについて学ぶことができます。

また、カラーで記載されているので、白黒よりは読み進めやすいのではないかと感じました。

今回は2冊紹介しました。

WordPressはアップデートが頻繁に行われるため、本の内容が古くなっている場合もあります。

そのあたりは、最新の情報と照らし合わせながら学習してください。

部分的に調べるにはCodeXなどを参考にすると良いと思います。

または、WordPress本体のファイルを読むとかですね。時間かかると思いますが、、、

公式テーマのコードを見てみると関数の実際の使い方が参考にできると思います。